スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

盲導犬クイールの一生 | 写真 秋元良平、文 石黒謙吾


盲導犬クイールの一生
写真 秋元良平、文 石黒謙吾


盲導犬クイールの一生を読みました。モノクロカラーの写真がステキで、写真を見るだけでも癒されます♪

盲導犬クイールの誕生から、5匹いた兄弟の中からクイールだけが盲導犬としての一生を歩むことになったきっかけ。盲導犬としてのお仕事などについて、書かれています。

ときどき街中で、盲導犬を見かけることがありますが、日本ではまだまだ盲導犬の数が不足している状況など、知らなかったことも知ることができて勉強になりました。

盲導犬の忠実な働きを通して、「わたしに、できることってないかな?」と、自分の生きかたを考えるきっかけにもなりましたね♪よかったです。

10:45  Posted by dokusyo1
ノンフィクション : comments(0) : trackbacks(0)

アンジェリーナ・ジョリー 思いは国境を越えて


アンジェリーナ・ジョリー 思いは国境を越えて
アンジェリーナ・ジョリー (著)


アンジェリーナ・ジョリー 思いは国境を越えては、ハリウッド女優として大活躍中のアンジェリーナ・ジョリーが、シエラレオネ、パキスタン、カンボジア、エクアドルなど。貧しい世界の難民の住む国へ訪問した日記をまとめた本です。

現在、アンジェリーナ・ジョリーは、国連難民高等弁務官(UNHCR)の親善大使に任命され活動を続けています。私生活でも、マドックスくん、ザハラちゃん、パックスくんと3人の養子を育てていて、いま4人目の養子を検討中という噂もあります。

真剣に世界の難民のことを考えている人でなければ、このような行動は、なかなかできるものではないですよね。

アンジェリーナ・ジョリー 思いは国境を越えてでは、ハリウッド女優ではないアンジェリーナ・ジョリーの強さ、美しさ、本音に触れることができたような気がしました。

明日から、わたしにできることを何かがんばりたい!という意欲、元気も与えてもらえる本です☆

21:26  Posted by dokusyo1
ノンフィクション : - : -