スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

アルブレヒト・デューラー | ジョン・バーガー


アルブレヒト・デューラー
ジョン・バーガー(著)
TASCHEN社、1575円 ★★★☆☆


本の表紙に綿密に描かれた“うさぎ”に見惚れて手に取りました。

わたしは、この本を手に取るまで、アルブレヒト・デューラーを知りませんでしたが、どの絵もまるで拡大鏡を使って描かれたかのよう。

人物がの髪の毛や、動物の毛の柔らかさが伝わってくるような感覚がする絵画でした☆

11:47  Posted by dokusyo1
アート・建築・デザイン : comments(14) : trackbacks(103)

ロートレック 世紀末の闇を照らす | クレール・フレーシュ (著) ジョゼ・フレーシュ (著)


ロートレック 世紀末の闇を照らす
クレール・フレーシュ(著) ジョゼ・フレーシュ(著) 山田美明(翻訳)
創元社出版
2007/03発売
1680円


わたしは、ロートレックの絵画が好きです。

一度見たら忘れられないような個性のある描写が、何故か気になる…。
気になって、度々見ているうちに好きになってしまった。
…そんな感じです。^^;

でも、ロートレック自身のプロフィールについては、ほとんど無知であったため、ロートレック 世紀末の闇を照らすを読んでみました。

芸術家って、結構衝撃を受けるような、“波乱万丈人生”を送った方が多いような気がしますが、ロートレックもその1人ではないでしょうか。

わたしは、ロートレックが、幼い頃から遺伝的疾患を抱えていたことや、37歳で亡くなったことをはじめて知り、驚きました。

ロートレック 世紀末の闇を照らすは、コンパクトサイズの本でありながら、“ギュッ”と画家の人生まるごとを描かれた絵画の年代に照らし合わせながら知ることができたので、なかなかよかったです♪

21:53  Posted by dokusyo1
アート・建築・デザイン : comments(0) : trackbacks(0)

安くて納得のいく家を建てたい | 宮沢俊哉(著)


安くて納得のいく家を建てたい
アキュラホーム代表取締役 宮沢俊哉(著)


安くて納得のいく家を建てたいは、家づくりに欠かせない“判断基準”や、“誤った常識”などが分かりやすく書かれていました。

アキュラホームの社長さんが書いている本なので、アキュラホームさんお取り扱いの商品に焦点を当てている面も多くありましたが、いろいろな角度から、自分の価値基準を構築するためには役立つところも多いのではないかと思います。

わたしは、賃貸マンションに住んでいて、まだ家づくりの予定はありません。でも、まだ家づくりの予定がない人であっても、安全で安心な住まいづくりを考えるうえで、参考になる点やヒントがたくさんあると感じました☆

人の幸せを左右すると言っても過言ではない、“住まい”。自分の理想をみつけて、少しずつ理想に近づけるようにしていきたいものですね♪

19:16  Posted by dokusyo1
アート・建築・デザイン : comments(0) : trackbacks(0)

三原色で描く風景スケッチ | 野村重存


三原色で描く風景スケッチ
野村重存(著)

三原色で描く風景スケッチをよみました。著者は、NHK教育番組に出演されていて、風景画のデッサンが上手で、あこがれていました。

三原色で描く風景スケッチでは、「赤」「青」「黄」の絵の具だけで、風景画を描く方法が紹介されています。

とろこで、わたしは水彩画を描くのが趣味なんです。だから、三原色で描く風景スケッチに紹介されていた絵画の中から、模写に挑戦してみました!

難しかったけれど、とても勉強になりました♪

20:25  Posted by dokusyo1
アート・建築・デザイン : comments(0) : trackbacks(0)